ひだまりブログ

創作の事とか、色々です(。╹ω╹。)

魔法の杖の作り方

年末年始を乗り越えた後は、新居へ移り住んだり、何かとトラブルあったりと多忙な日々を送っていました。しかしそれもようやく片付きはじめ、先月あたりの記事で大プッシュしていた『 魔法の杖の作り方』を先ほど読み終えました(*´ω`*)

kakuyomu.jp

 

自分へのご褒美としてじわじわと読み進めていたのですが、もう本当凄い。面白いし、描写も綺麗で、最終回まで二度、いや三度は泣ける良作でした。

前の記事でも触れましたがやっぱり何かしらの賞を取るんじゃなかろうか、むしろもうお金取れるレベルだよって本当思います。

これがいつか紙の本として書籍化されたら買うのはもちろんのこと、メディアミックスされたらそっちもガッツリ揃える自信ある。それぐらいヤバイ作品なんですよ(私の語彙力の無さもヤバイですが、ガチでヤバイです)

 

第三回カクヨムweb小説コンテストの読者選考も残すところ一週間ちょっと。もしまだこちらの作品を読まれてない方、是非この機会にヨムヨムしてみませんか?超絶オススメです(。╹ω╹。)ノ

 

ナズナリメイク

 

『ひだまりファンタジア』第一部第二章より。ラストのナズナ

f:id:yonesuke1129:20180108051447p:plain

長い時間を生きるシルキーの少女。

いつかまた大切な人との別れがくるけれど、今という時間を藤四郎達と一緒に穏やかに、そして幸せに過ごしてほしいです。

図書カードが当たるイベント第二弾

 

kakuyomu.jp

【団員募集】コメント一件で救われる作品がある! カクヨムコンテスト応援団は君を待っているというイベントがカクヨムで開始されました。

 

ちなみに前回はこれ↓

yonesuke1129.hatenablog.com

 

今回はコンテスト作品を応援しよう!というキャンペーン。

これほんとに作者側からしてみるとありがたいっていうか、応援一つでも貰えたものなら存在を認められたような、そんな気にさえなっちゃう魔法のボタンなんですよ(一話ごと、一番最下部についてる赤枠のとこです)

f:id:yonesuke1129:20171215221507p:plain

コメントが無くても、♥が一つ増えるたび泣きそうになるという作者さんは多いはず。

なのでこれを機にTwitterのいいね感覚でガンガン応援しちゃってください(*´ω`*)もちろんコンテスト作関係なく、作品を読んで反応頂けると創作意欲向上につながるので、良い作品に出会ったな~って時は是非是非「くっくっく、ハートの刑に処してくれようぞ」って感じで当てにいきましょヾ(。・ω・)ノミ♥

 作者は常に反応に飢え、そして反応がない場合は飢え死にしていくのです。

そういえば

最近執筆メインの記事ばっかで、絵を全然載っけてなかったなとおもいまして……HPに遊びにいらしてくれる方はもう10月くらいからこれを見ている状態でしょうが、せっかくなので、こちらでもUPしときます。

f:id:yonesuke1129:20171213205935p:plain

ひだまりファンタジア』より先視の聖女、セレスタさん。

彼女も彼女で、色々ひねくれてるというか、こじらせた恋愛してるので、その辺詳しくそろそろ書いてあげたいのですが……まだまだ先になりそうです。セレスタ……ごめん。ごめんよ_(:◑」∠)_

 

第一章の改稿作業終わりました。

キャッチコピーも変わりました。kakuyomu.jp

第一章に関して、どんな感じに変わったのかといいますと、アクションらしいアクションが追加されたわけではないですが、今までの冒頭より断然動いてる感じになりました。あとドラゴンが出てきます!(。╹ω╹。)

流石にこの冒頭が最終形態になるかと思いますが(今まで変えすぎましたね)書き終わってふと思ったのです。

 

comico版の初代ひだまりファンタジアの第一話では、アスターはファンタジー世界の現地人で、石化状態でぐるぐる巻きに梱包されていました。

それがカクヨム版に大幅改稿すると決めた時、服装を上下ジャージ姿にして、しょっぱなスライムに襲われるという設定に変え(この話は結局公開されずボツネタに)

そしてカクヨムがオープン、コンテストに応募となりますが、その時のアスターの格好はというとパンイチ。以後二年位1話の彼は基本パンイチで頑張っていたのです。

そして今回の最終改稿作業で、彼はどうなったかというと……全裸です。もはやなにも履いないし、しょっぱなからドラゴンの唾液まみれで誰得状態です。

そんな感じで改稿される毎にどんどん脱がされていく主人公ですが。一番驚くべきは、そんな主人公を目の前にしても一切引くことなく、平常心を貫けるヒロイン、ステラの悟り具合っていうね。彼女はすごい。私なら森で全裸の男に出会ったら可能な限り逃げて通報一択ですもん。

一番はかどる作業BGM

引退してもうずいぶんと経ちますが、

作業BGMは結局、ROの天津~崑崙辺りと、

ワイのワイフにsoフレッシュ ohだということに気がつきました。

www.nicovideo.jp

 ずっと狩ってた時の集中力が執筆に変換され、

尚且つテンション上がったまま書けるってことはもうパーフェクトですよね。

図書カードが当たるイベント

こんばんは。第三回カクヨムweb小説コンテストが始まったこのタイミングで第一章の見直しに入った米田です(;・ω・)ノシ

さてさて、カクヨムにて

kakuyomu.jp

というイベントが本日より開催されました。

(*・ω・):抽選で50名様にカクヨムオリジナル図書カードが当たるそうですよ奥さん。

(╹ω╹):あら素敵。でも難しいんでしょう?

(*・ω・):それがね奥さん。参加方法はとっても簡単ですって。

 

参加方法は、カクヨム会員登録をし、あなたの気になる第三回カクヨムweb小説コンテストの応募作品3作品以上フォローするだけです。そして気になるこのキャンペーン2017年12月05日(火)〜2017年12月10日(日)までとなっております。

第3回カクヨムWeb小説コンテスト 応募作品はこちら

 

ここでコンテスト参加作である自作の宣伝を入れたいところですが、最初に書きました通り、ただいま絶賛改稿中となっておりますので、今は大々的な宣伝ができない状態でして……(;´Д`)設定などは変えませんが一章の展開をガラリと変えてみようと調整している最中なので……。 

なので!今日は私が今一番気になっているコンテスト応募作を勝手に宣伝するスタイルを取りたいと思います。作品名は魔法の杖の作り方作者はCATさんです。

kakuyomu.jp

以前、注目作品として偶然お見かけして以降、クオリティの高さや文字数等を見て、このコンテストに応募するかもしれないと思い、積ん読状態にしておりました。そして予想通りコンテストに応募されたので、少しずつですが読みすすめている最中なのです。(一気に読みたいけど自作の執筆がある為、時間が確保できないというジレンマ)

 

もうね。すっごいんですよ!

自然な心理描写、風景描写、全てのものが美しい。けど美しい描写、文章って聞くと「ちょっと硬いやつなのかな」って思うじゃないですか。全然そんな事ないんですよ。いや、今のは私の言い方が悪いんですけど、美しさの中に親しみやすさがあり、面白さ、ワクワク感が詰まってるからすっごくバランスとれてるんです。まさに万人向け。次の話に行く時の引きも良くて一気に読みたい欲がほんとに強まる良い作品なんです。

今序盤を読んでいる状態なのですが、正直私、この作品が何らかの賞取るんじゃないかって、それくらい惹かれています。

 

他にも現在1,400以上の作品がwebコンテストに続々応募されていますので、皆さんこの機会に是非是非カクヨムに会員登録して、お好きな作品をフォロー、そして読み終わったらいいね面白かったよを投げつけるのです。レビューじゃなくても、そういった反応を頂けると、作者さんがたの創作意欲と元気がモリモリマッチョになって執筆速度もあがります。☆₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡続きを読みたいと思う作品程、星を、星を投げるのです。

f:id:yonesuke1129:20171205220223p:plain

後半は切実なお願いになりましたが、そんなキャンペーン情報のお知らせでした。