ひだまりブログ

創作の事とか、色々です(。╹ω╹。)

そういえば

最近執筆メインの記事ばっかで、絵を全然載っけてなかったなとおもいまして……HPに遊びにいらしてくれる方はもう10月くらいからこれを見ている状態でしょうが、せっかくなので、こちらでもUPしときます。

f:id:yonesuke1129:20171213205935p:plain

ひだまりファンタジア』より先視の聖女、セレスタさん。

彼女も彼女で、色々ひねくれてるというか、こじらせた恋愛してるので、その辺詳しくそろそろ書いてあげたいのですが……まだまだ先になりそうです。セレスタ……ごめん。ごめんよ_(:◑」∠)_

 

第一章の改稿作業終わりました。

キャッチコピーも変わりました。kakuyomu.jp

第一章に関して、どんな感じに変わったのかといいますと、アクションらしいアクションが追加されたわけではないですが、今までの冒頭より断然動いてる感じになりました。あとドラゴンが出てきます!(。╹ω╹。)

流石にこの冒頭が最終形態になるかと思いますが(今まで変えすぎましたね)書き終わってふと思ったのです。

 

comico版の初代ひだまりファンタジアの第一話では、アスターはファンタジー世界の現地人で、石化状態でぐるぐる巻きに梱包されていました。

それがカクヨム版に大幅改稿すると決めた時、服装を上下ジャージ姿にして、しょっぱなスライムに襲われるという設定に変え(この話は結局公開されずボツネタに)

そしてカクヨムがオープン、コンテストに応募となりますが、その時のアスターの格好はというとパンイチ。以後二年位1話の彼は基本パンイチで頑張っていたのです。

そして今回の最終改稿作業で、彼はどうなったかというと……全裸です。もはやなにも履いないし、しょっぱなからドラゴンの唾液まみれで誰得状態です。

そんな感じで改稿される毎にどんどん脱がされていく主人公ですが。一番驚くべきは、そんな主人公を目の前にしても一切引くことなく、平常心を貫けるヒロイン、ステラの悟り具合っていうね。彼女はすごい。私なら森で全裸の男に出会ったら可能な限り逃げて通報一択ですもん。

一番はかどる作業BGM

引退してもうずいぶんと経ちますが、

作業BGMは結局、ROの天津~崑崙辺りと、

ワイのワイフにsoフレッシュ ohだということに気がつきました。

www.nicovideo.jp

 ずっと狩ってた時の集中力が執筆に変換され、

尚且つテンション上がったまま書けるってことはもうパーフェクトですよね。

図書カードが当たるイベント

こんばんは。第三回カクヨムweb小説コンテストが始まったこのタイミングで第一章の見直しに入った米田です(;・ω・)ノシ

さてさて、カクヨムにて

kakuyomu.jp

というイベントが本日より開催されました。

(*・ω・):抽選で50名様にカクヨムオリジナル図書カードが当たるそうですよ奥さん。

(╹ω╹):あら素敵。でも難しいんでしょう?

(*・ω・):それがね奥さん。参加方法はとっても簡単ですって。

 

参加方法は、カクヨム会員登録をし、あなたの気になる第三回カクヨムweb小説コンテストの応募作品3作品以上フォローするだけです。そして気になるこのキャンペーン2017年12月05日(火)〜2017年12月10日(日)までとなっております。

第3回カクヨムWeb小説コンテスト 応募作品はこちら

 

ここでコンテスト参加作である自作の宣伝を入れたいところですが、最初に書きました通り、ただいま絶賛改稿中となっておりますので、今は大々的な宣伝ができない状態でして……(;´Д`)設定などは変えませんが一章の展開をガラリと変えてみようと調整している最中なので……。 

なので!今日は私が今一番気になっているコンテスト応募作を勝手に宣伝するスタイルを取りたいと思います。作品名は魔法の杖の作り方作者はCATさんです。

kakuyomu.jp

以前、注目作品として偶然お見かけして以降、クオリティの高さや文字数等を見て、このコンテストに応募するかもしれないと思い、積ん読状態にしておりました。そして予想通りコンテストに応募されたので、少しずつですが読みすすめている最中なのです。(一気に読みたいけど自作の執筆がある為、時間が確保できないというジレンマ)

 

もうね。すっごいんですよ!

自然な心理描写、風景描写、全てのものが美しい。けど美しい描写、文章って聞くと「ちょっと硬いやつなのかな」って思うじゃないですか。全然そんな事ないんですよ。いや、今のは私の言い方が悪いんですけど、美しさの中に親しみやすさがあり、面白さ、ワクワク感が詰まってるからすっごくバランスとれてるんです。まさに万人向け。次の話に行く時の引きも良くて一気に読みたい欲がほんとに強まる良い作品なんです。

今序盤を読んでいる状態なのですが、正直私、この作品が何らかの賞取るんじゃないかって、それくらい惹かれています。

 

他にも現在1,400以上の作品がwebコンテストに続々応募されていますので、皆さんこの機会に是非是非カクヨムに会員登録して、お好きな作品をフォロー、そして読み終わったらいいね面白かったよを投げつけるのです。レビューじゃなくても、そういった反応を頂けると、作者さんがたの創作意欲と元気がモリモリマッチョになって執筆速度もあがります。☆₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡続きを読みたいと思う作品程、星を、星を投げるのです。

f:id:yonesuke1129:20171205220223p:plain

後半は切実なお願いになりましたが、そんなキャンペーン情報のお知らせでした。

お知らせ。

カクヨムの近況ノートやTwitterでは先にお知らせしておりましたが、12月1日よりカクヨムで開催される『第3回カクヨムWeb小説コンテスト』に『ひだまりファンタジア』でリベンジします。この作品でコンテストに応募するのはもう最後と決めているので、ひだまりにとっては、これがラストチャンスですね(。╹ω╹。)

kakuyomu.jp

それに備え、今の今まで校正・校閲強化合宿や、Twitterも1万文字書きためる毎に浮上する等縛りをつけておりました。

当初の予定は、読者選考終了日までに毎日更新して、第二部をなんとか書き終えたいなーと思っていたのですが。強化合宿で学んでいく内に、既存のストーリーの出来がまだまだ未熟であると、まずそれをどうにかせねば一次選考にかすりもしないだろうと判断し、第一部を練り直すことを本日決めました_(:◑」∠)_

 

ハイロックさんからのお題『ワクワク感』そして今回の強化合宿で学んだことの反映と、自分でも常々思っていた読者層を考える事。色々な課題をこの期間中に解消できるよう、頑張りたいと思います。

それに伴い、暫くまた執筆に集中しますので、ヨムヨムもブログ巡りも滞ります。……ある程度終わったら、再開……するんだ……。

バセドウ病になりまして

おこんばんは。

一年以上ぶりの更新となります(・ω・;)

さてさて、この一年何をしていたかと言いますと。タイトル通り。バセドウ病を発症しておりました。実際に診断を受け治療が始まったのは半年前ですが。謎の不調は一年半程前から起こっており、多分そのあたりにはもうアレだったんだと思います。

 

そこで最近は心身ともにかなり落ち着いてきて、お薬も減ったので。これを期にとエッセイなるものを執筆してみました。タイトルはズバリ『バセドウ病になりまして』そのまんまです。kakuyomu.jp~あらすじ~このストレス社会。意外と誰でもなる可能性のあるバセドウ病。しかしその発症原因は現代医学でも解明されておらず。放置すると心不全やらなんやらと一気に重篤。命の危機にさらされる怖い病気です。特に若い女性。20代から30代に多く。日本女性の国民病なんて言われています。最近、こんな症状に心当たりはありませんか……? もしかしたら、その不調。甲状腺の病気かもしれませんよ。

 

こんな感じです。

具体的かどうかはわかりませんが、割とぶっちゃけた所まで書いてみました。心当たりのある方の早期発見になれば幸いです。

それでは皆さん、ご一緒に

行き詰ってたのでヨムヨムしてきました(。╹ω╹。)

そしたらもう、面白くて面白くて。幸せのお裾分けです。

 

kakuyomu.jp

 

思春期真っ只中の女子高生と、ゾンビになっちゃった家族の話です。

もうタイトルからして好き(*´ω`*)ジャンルはホラーとなってますが、最初から最後まで、あったかい気持ちと笑いが詰まってるシュールギャグストーリーと思って下さい。多分これは一人称で全て統一されていたら、もっとやばかったと思うんですが。もうね。ほんっと面白いんですよ。ママも壊れてるし、パパもアカン。主人公ちゃんの冴えたツッコミにもちゃんと意味があって……最後に全てがつながった時、スッキリしました(゚∀゚*)おすすめですよ。